テーマ:朝の森

大牧広句集『朝の森』

 大牧広「港」主宰が、第10句集『朝の森』を出された(ふらんす堂、平成30年11月15日)。帯には「敗戦の年に案山子は立つてゐたか」の一句があり、「戦争体験の一証言者として老境に安んじることなく反骨精神をもって俳諧に生きる著者の渾身の新句集」とある。  自選句は次の通り。   鳥雲にヒトはめげずに希望抱く…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more