赤野四羽句集『夜蟻』

 赤野氏は、平成28年に現代俳句新人賞を受賞された気鋭の方で、該句集は2018年7月に邑書林から刊行されている。

 自選句は次の10句。
  春月や数学教師落下する
  永き日に挙手の少女ら立ち並ぶ
  枇杷二つ南の島にあるむかし
  身の内に永劫巡らせて栄螺
  茄子の馬とうとう姉の夜が来た
  珈琲の染みも秋には罪となり
  小鳥来る子どもが丁寧にどもる
  ぞんびならゆっくりうごく兎狩
  牡蠣剥いて遠い砂漠の民と泣く
  百鬼夜行ちょっと紅茶を飲んでから

 筆者から著者に宛てた書状をそのまま掲載致します。

画像




 冠省
 句集『夜蟻』をお送り頂き、有難うございました。
早速、読ませて戴きました。なかなかに読み応えのある句集でした。正直言いまして、私にとっては難解な部類に属する作品が多くありました。私の普段つくる句の方向からは、少しずれているような感じがありまして、その意味で私は赤野さんの句集『夜蟻』の良い理解者でないかも知れません。昭和の前衛とも違い、LOTUSや豈のみなさんとも違った感じです。でも、理解できる、あるいは何かを感じ取れる作品も、もちろん、沢山ありました。理解できる句、あるいは何かを感じさせてくれる句を選びました。お礼をこめて、左記に掲げます。(*)印は赤野さんの自選と重なったものです。

009 疑えどおなじ道なり春の山
020 はいと返事してほら秋蝶がゆく
020 炙られて記憶の爆ぜる秋刀魚かな
031 終ること思い眠れぬ子の炬燵
032 冬の渋滞眺む丸裸の並木
034 ゆっくりと心臓のなる蒲団かな
042 珈琲とおしゃべり夜蟻には内緒
044 少年が西瓜を抱いて待っている
049 初夏やパンの薫りの男来る
050 子を抱いた母は木下闇におり
051 胸元はしろくひろくて茄子の花
054 天高くせんべい齧る妻いとし
054 傍らのいい人彼方にて冷える
059 秋高しきれいな顔を放り投げ
061 ぞんびならゆっくりうごく兎狩(*)
063 ページ繰る音の軽くて秋の蛇
064 茄子の馬とうとう姉の夜がきた(*)
066 短日や視線たがいに縛りあう
066 君だけの時間にもまた雪が降る
073 腹這いの陽炎がくる少しずつ
092 短夜は象牙に挟まれるもよし
096 片隅の煮凝り夜は鵺となる
102 春だから心の闇のなかも春
112 平成虚し菊人形のままの昼
113 蔦紅葉廃炉の錆にすがりつき
118 しぐるるや傘の外には空があり
124 とおくからひとをみているおおかみよ
132 牛と人ともにあぎとを動かせり
139 濃い珈琲夜をゆっくり撓ませる

 中でも、太字で印字した作品は大いに気に入っております。
 今後ますますのご健吟を期待しております。
                             草々
                           栗林 浩

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
かわいい

この記事へのコメント

式神自然数
2020年05月30日 03:18
アスペクト 知らずもがなや 比は自然

黄金比 橋掛け渡し 自然比へ

地の雲や カオスを映す 水たまり

空ペット 堰でマイマイ 時を断つ

数学日 メトリックに観 三日在り

数紐や 絡み繋がり 繋げゆく


数の言葉の自然数のコスモスへの『HHNI眺望』の[道標句集]


有田川町電子書籍
「もろはのつるぎ」

への[句]や
御講評をお願い致します。

この記事へのトラックバック