川村研治句集『ぴあにしも』

 川村研治さんが表記の第二句集を上木された(現代俳句協会、平成29年6月1日)。氏は加藤楸邨・平井照敏に俳句を学び、現在は「寒雷」および岩淵喜代子代表の「ににん」に所属し、現代俳句協会理事、神奈川県現代俳句協会副会長を務められておられる。


画像



 自選10句は次の通り。

  海原に雨しみてゆく海月かな
  水打つて打つて時間をふやすなり
  嘴の根元にまなこ冬の鷺
  秋晴れの底辺x高さかな
  揚雲雀ふつと消えたりしてあそぶ
  海上に満月のある電話かな
  やさしさはやや暗きもの枇杷の花
  箱庭にだんだん入つてゆくやうな
  ピアノピアニッシモ猫の子が眠る
  道にはみだす落椿を叱る

 筆者が選んだ句は次の通り。(*)印は重なった句である。

008 夕焼や手話の「あした」は空を指し
010 冬萌やにはとり抱く人に逢ふ
012 遠桜ながむるのみの見舞なり
013 母が死にゆく春夕焼のうらがはへ
018 喪にこもる人へ繭玉かかへゆく
021 たんぽぽの絮とぶ中やピアノ来る
027 猫の耳なかはくしやくしや夜長かな
035 苦瓜の疣まんべんなく不揃ひ
042 嘴の根元にまなこ冬の鷺(*)
048 妹あらば赤き風船百買はん
055 落蝉にこなのやうなる蟻の群
061 ぶわぶわとオルガン鳴つて柿の空
068 指揮棒の先のふくらみ寒の明け
071 天網の水びたしなり花の夜
071 母に君子蘭父には何もなし
075 初夏や黒猫の子の風呂上がり
079 鴨十二三ひとつひとつは見てをらず
079 煮凝やオリオンいつも斜めなる
080 雪来るか林檎の芯の透きとほり
084 垂直に立たねばならぬ土筆かな
085 夢中なるちひさき雲雀降りて来ず
086 絶対の信頼に蛇衣を脱ぐ
089 蜷の道先端に蜷ひとつづつ
111 平舟の底ごとごとと秋深む
119 何の咎にや鷹化して鳩となる
129 干柿や怒らぬ人のそばにゐて
131 身の内に足音生まる一遍忌
140 やはらかなものばかり食べ雛の日
151 枯蟷螂家来はみんな逃げだしぬ
155 初春の象の頭の和毛かな
158 百歳の少女立つごと藤の花
161 機関車のまへで体操雲の峰
168 初市や金魚のごとく行き交へる
175 陽炎や子どもと鶏が駈けてゆく
185 棹なして雁ゆく月の向かう側
189 冬萌や薬飲むためものを食ふ
189 火を消して鰤大根をやすませる
193 人形を背負ふ媼や鳥帰る
195 雛飾るいくたび父のほろびしか
197 おほかたの蟻はといへば行つたきり
203 生きてゐる者と佞武多を曳きにけり

 中から筆者(=栗林)が特に気に入った数句を鑑賞しよう。

042 嘴の根元にまなこ冬の鷺(*)
 川村さんの自選と重なった句。鷺をじっと観察したことがあるが、たしかに嘴と目の間隔が狭い。嘴の後ろに直接つながっているようにすら見える。言われてみて、ああそうか、と気づかされる。鷺は年中町川に居て、小魚をじっと狙っている。特に冬の鷺は冷たい水に片足で立っていたりして、よくがまんしているなあ、とすら思う。季は冬が効いている、と思った。

079 鴨十二三ひとつひとつは見てをらず
 前句の鷺の場合は個体を観察するが、群れている鳥の場合は、どうしても全体として見てしまう。ごく当たり前の、何のことのない、こういった句に滋味を感じる。そんなことがあるせいか、筆者(=栗林)は、ときどき、たとえば飛び立って行く鷗の群の中の一羽だけを注視することを試みたりして、遊んでいる。

079 煮凝やオリオンいつも斜めなる
 なるほどと思わされた。冬の遅い時間に南を見上げると、三ツ星が斜めに光っている。真直ぐ(垂直)なのを見たことがないように思う。これも、当たり前のことを、こういわれて、ああそうだった、と思わせられる効果。

080 雪来るか林檎の芯の透きとほり
 蜜林檎が言われ出したのはいつ頃だろうか。固いのに甘味がある。割って見て、芯の部分の透明部分が大きいと、嬉しくなる。皮を剝きながら、さむくなったなあ、そろそろ雪か、と季節の移り変わりを実感する。

185 棹なして雁ゆく月の向かう側 
 離れたところにある物の裏側や向こう側は、詩人にとって思いを馳せるにふさわしい空間である。月や夕焼ならなおさらである。川村さんは、母の死の際、こんな句も詠んでいる。〈013 母が死にゆく春夕焼のうらがはへ〉。母の死にも、雁の旅にも、遠くのものの向こう側を思うとき、作者の、そして読者の、感慨が増幅される。

195 雛飾るいくたび父のほろびしか
 雛祭が来るたびに、父、あるいは父性の消滅を思わされる、と川村さんは詠っている。男の矜持を自らに言って聞かせているようだ。氏にはこんな句もある。〈140 やはらかなものばかり食べ雛の日〉。つまり、軟弱な世相をこころよく思っていないように思える。確かに筆者(=栗林)も同感する部分があるのだが、それは、半面「父性の悲しさ」を言っているのではなかろうかとも思える。複雑な心境。

197 おほかたの蟻はといへば行つたきり
 言っていることを短縮すれば「蟻は行ったきり」となるのだが、それに「おほかたの」と「いへば」を加えることにより、詩となって立ち上がる。俳句とは実にヘンな、しかし、味わい深い表現形式である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック