テーマ:象の耳

大森 藍 句集『象の耳』

 大森藍さんが第二句集を出された(平成31年3月28日、金雀枝舎)。平成11年に宮城県芸術協会文芸賞を受賞。同13年に、以前属していた「滝」の同人を辞して「街」入会し、即、同人となられた。第一句集は『遠くに馬』で、今回は15年ぶりの句集である。大森さんは米寿となられる。  帯には、今井聖「街」主宰が「象の耳を見ては哀しいと思い、活断層…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more