テーマ:橋本榮治

橋本榮治集(自註現代俳句シリーズ)

 橋本さんは、現在、「枻」と「件」の編集人で、かつ、「馬酔木」同人でご活躍の人。該句集は、このシリーズの12期㊵にあたる(俳人協会、平成31年3月15日発行)。  筆者の共鳴句は次の通り。 003 吾子に名を与へて帰る銀河濃 016 手を入れしポストの口の春の闇 042 会へば足る見舞涼しく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

須藤昌義句集『巴波川』

 須藤さんが表記の句集を出された(角川書店、平成28年9月2日)。『巴波川』は「うずまがわ」と読む。須藤さんの故郷である栃木市を流れている。むかし水運が盛んだったそうだ。  氏は「海原」の編集長であったが、「輪」の会にも属し、現在は「枻(かい)」同人。橋本榮治さんが懇切な序文を、帯文は大輪靖宏さんが書かれた。氏の句歴は決して長くはない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more