桑田和子句集『春暁』

 桑田さんは、平成2年に伊丹三樹彦さんの「青玄」に入られたから、俳歴約30年に及び、すでに完成域におられる俳句作家である。「青玄」終刊後は、後継誌「暁」の創刊同人として活躍してこられた。この句集『春暁』は、昨年9月に、角川書店が刊行したもので、このたび筆者も読む機会を持った。  跋文は宇多喜代子さんが「桑田和子さんの資質は、〈青玄〉で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栗林浩句集『うさぎの話』

 恥ずかしながら句集『うさぎの話』を上木致しました。遅まきの第一句集です。感謝の意を込めて、あとがきには次のように書きました。 あとがき  俳句を始めてから約20年間の数多くの作品を、ご多忙の高野ムツオ先生にお願いし、295句に絞って戴き、序文まで戴くことができました。厚くお礼申し上げます。  佳句を成すた…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

小原啄葉句集『草木』 

 小生のワードには新字の「啄」の字しかなく、正しくありませんがご寛恕下さい。       小原さんの第十一句集『草木』(令和元年5月25日、角川書店刊行)を読む機会を得た。氏は大正10年5月生まれだから、満98歳になられる。『草木』は氏の好みの「草木国土悉皆成仏」に因んだとのこと。  筆者(=栗林)は4年前に盛岡の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

堀節誉句集『澁』

 堀さんの第二句集『渋』(令和元年5月31日、現代俳句協会刊行)を読む機会を戴いた。彼女は「櫟」「花騒」を経て、大坪重治氏や西野理郎氏の励ましを得て、自由な俳句に挑戦してきたようだ。平成30年山口県現代俳句賞を貰っている。現在は前田弘さんの「歯車」に所属している。  自選句は次の10句。   長い旅になり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

澤禎宣句集『鵙猛る』

 該句集を読む機会をえた。澤氏は鳥井保和主宰の「星雲」の極星集同人で、同結社の色々な賞を貰っている。『鵙猛る』は第一句集である(令和元年6月5日、角川書店刊行)。  鳥井主宰が丁寧な序文を書いている。その主宰が帯に掲げた12句は次の通り。   蕗味噌や郷の山河はダムの底   故郷の表厠や冬銀河   裂帛の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more